『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師として採用されるために

→人気転職サイトランキングはコチラ

病院薬剤師として採用されるためには、採用されやすい履歴書の書き方や、面接での正しい応対などを知る必要があります。薬剤師は国家資格。大学在籍中からずっと資格のために取り組み、資格取得後には転職や求人をあまり意識しないで現在の職場に就職したという人も多いはず。転職ではどういうスキルが求められるかを知らない薬剤師の人は決して少なくありません。特別に難しいスキルが必要というわけではありませんが、初めての転職だと、履歴書や職務経歴書の書き方も良くわからないという人もいます。その場合には、転職エージェントサイトなどを利用しながら、プロのサポートを受けることもおすすめです。

転職に必要となる履歴書や職務経歴書。病院薬剤師の場合には、薬剤師の数が多いので、自分の経験や実績、知識などを分かりやすく記載することが、採用担当者にとっては採用につながりやすいようです。どのぐらいの知識があるのかさっぱり分からない薬剤師よりも、どこの病院で具体的にこんな職務を担当していた、と記載したほうが、採用側にとってはイメージしやすいということなのでしょう。

新米薬剤師は病院に就職して病院薬剤師となるケースもおおいものです。病院薬剤師から別の病院へ転職する場合には、なぜその病院を辞めたのか、もしくは辞めたいのか、その理由をきちんと考えておきましょう。病院勤務の勤務時間がきつかったから、残業が多すぎたから、職場の雰囲気が悪いから、チャレンジしたい仕事も任せてもらえなかったからなど、ネガティブな理由で転職を考える人は決して少なくありません。しかし、それを面接の場で言ってしまうのはNGです。経験や実力ごとに完全に分担作業となる病院薬剤師は、できる自信があってもなかなか任せてもらえない職務なども多いわけです。雇い入れたとしても、不満を持つたびに転職されたら…と担当者は考えてしまうのかもしれません。転職理由がネガティブな場合でも、転職は常にポジティブな理由をアピールすることも必要です。

病院で勤務する薬剤師は、病院の忙しさによってかなりハードスケジュールになる事も少なくありません。最近ではギリギリの人数で院内薬局を運営している病院も多いですから、患者さんが多くて忙しい時には、処方箋を見ながらの調剤業務で一日が終了してしまうことも珍しくないようです。人数が少ないからと言ってミスが許される仕事ではないので、忙しくなることがストレスやプレッシャーになってしまうこともあるので注意するべきです。面接ではこうした点もチェックされるものなのです。

病院薬剤師の採用情報を探すならココがオススメ!!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト