『病院薬剤師への転職サイト』

公立病院の薬剤師求人を探す!

→人気転職サイトランキングはコチラ

病院勤務の薬剤師には、主に二つの選択肢があります。民間病院で働くか、公立病院で働くかということです。どちらにもメリットとデメリットがありますので、自分にとってどちらが合っているかをじっくりと考えて決めるようにしましょう。

公立病院で薬剤師として働く場合は、基本的に公務員という立場に就くことになります。そのため、安定した雇用の恩恵を受けることができるでしょう。民間病院の場合は、どうしても病院自体の経営の状況によって給料やボーナスが変化したり、下手をするとリストラに遭ったりします。しかし、公立病院に勤めていればそのような心配はありませんので、安心して仕事を続けていくことができます。また、福利厚生が充実しているというメリットもあります。自治体によって違いはありますが、子育てをしている薬剤師であっても働きやすいように、育休などの長期休暇が取りやすいシステムとなっています。自分の持っているスキルを無駄にすることなく、仕事と家庭をバランスよく保っていくのに最適の環境と言えるでしょう。

一方で、初任給や月々の基本給に関しては、民間病院より低めの水準となっているという面もあります。また、能力や業績に関係なく、勤続年数によって給料が決定されますので、それほど他の人との収入差が付きにくいという面もあります。しかし、公務員の給料は、ボーナスが高いという点と、勤務を続けていくにつれて基本給が高くなっていくというメリットがあります。特に、昇給に関しては、毎年確実になされますし、その割合も民間病院よりも高めの水準となっています。そのため、長く働き続けていくのであれば、公立病院の方が結果的に安定した収入を稼げるチャンスが高くなります。

一口に公立病院と言っても、それぞれの自治体で運営している県立病院や市立病院もあれば、大学病院や国立病院、厚生病院など、いろいろな種類があります。それぞれで、採用条件や雇用条件が異なりますので、事前にしっかりと詳細まで確認するようにしましょう。全体の傾向としては、年齢制限があり、場合によっては20代でないと採用試験さえ受けられないこともあります。それで、公立病院での勤務を考えているのであれば、早めに決断する方が良いでしょう。自分が住むエリアの公立病院の募集情報を確認して、条件に合っているかを確認して、試験対策や面接対策を時間をかけて行えるように、すぐに応募するようにしましょう。

公立病院の薬剤師求人ならココで検索!!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト