『病院薬剤師への転職サイト』

病院で働く薬剤師と調剤薬局で働く薬剤師の業務の違い!

→人気転職サイトランキングはコチラ

病院薬剤師と調剤薬局の業務の違いをよく理解しておくことは、自分がどのような職場環境でどのような仕事がしたいのかを考えるのに、とても大切なことです。薬剤師としてどんな業務に携わりたいと考えているのか、何にやりがいを見出すことができそうか、それによって病院薬剤師になるのか、調剤薬局に務めるのかが決まってきます。

病院薬剤師と調剤薬局では、まず関わる患者さんが違います。どちらも調剤がメインの仕事であることは変わりませんが、調剤薬局の薬剤師が病院から出された処方箋に従って外来患者さんに薬を調剤するのに対して、病院薬剤師は入院患者さんへの調剤や注射薬の提供、服薬指導などを行ないます。

調剤薬局に来る患者さんは、基本的に単発的で、さまざまな病院から出された処方箋を持って来るため、薬を手渡す際に服薬の方法や注意点を説明する程度の関わりとなることがほとんどです。門前薬局や小さな町の調剤薬局であれば、通院をしている患者さんが通って来ることもあり、薬の処方が変わるとその内容を確認し、直接患者さんの状態を聞いて新しい薬の説明や飲み方の指導をしたり、相談を受けたりすることもありますが、それほど深い関わりになることはないでしょう。

しかし、病院薬剤師が調剤するのは、入院患者さんが毎日飲む薬です。ただ単に医師の処方に従って薬を調剤するだけではなく、カルテを読み、患者さんの状態や服薬履歴などを考えながら、より積極的に調剤に関わっていくことになります。患者さんとの親密なコミュニケーションが必要とされる場合も多いでしょうし、直接患者さんの薬に関する悩みや不安を解消してあげることも仕事の一つになるでしょう。実際、患者さんの顔が見える仕事がしたいという理由から、病院薬剤師を志望する薬学生や、病院に転職を希望する薬剤師も多いということです。

また、薬の情報を収集して医師に提供したり、注射薬の取り扱い、製剤や治験といった、調剤薬局にはない仕事も病院薬剤師には求められます。今後はチーム医療の一員としての働きも期待され、病院薬剤師の仕事にも、より専門的な知識が必要となってくると思われます。

大病院では薬剤師の人数が多く、仕事が分業化してルーティンになっている場合も多いですが、薬剤師の少ない病院では、一人の薬剤師にかかる負担がとても大きいものになります。反対に調剤薬局では薬剤師の人数にもよりますが、患者さんが多く処方箋の枚数が多いと、一日中調剤に追われることになったり、責任が重くなったりします。

どちらの仕事により自分が向いているのか、色々と考えてみるといいでしょう。よくわからずに迷っているなら、薬剤師用転職サイトの豊富な情報を参考にしてみるのも良いと思います。

病院薬剤師への転職サイト比較!転職サイト人気ランキング!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト