『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師に英語力は必要なの!?

→人気転職サイトランキングはコチラ

病院薬剤師と英語にどんな関係があるのかと疑問に思われる方もいるかも知れませんが、やはり薬剤師という仕事をしていく上で英語力は必要となってきます。日本には多くの外国人が居住していますし、海外からの観光客や留学生もたくさんいます。日本語が理解できない人たちが病院で受診したり、入院した時には、薬剤師が服薬指導をしなければなりません。このとき英語ができないと、それらの患者さんたちに薬の説明や飲み方の指導が全くできないことになってしまいます。

ドラッグストアの薬剤師には特にそういったことが良くあると思います。海外からの旅行客が薬を求めて来店して、一生懸命症状を伝えているのに、それが理解できないなどということになると、お互いにとても悲惨な状況になります。また、英語で書かれた処方箋を持って病院や薬局を訪れる患者さんもいます。その時に処方箋を読めないと、薬を調剤することも出来ません。

それだけではありません。例えば厚生労働省に申請するための書類を作成する場合などにも、英語で書かなければいけないものが多々あります。英語力がなければ、このような仕事をすることも出来ません。

薬剤師の勉強だけでも大変だとは思いますが、特に薬学大生は学生のうちに英語も同時に勉強しておくことが、将来の就職活動や仕事の幅を広げるために大いに役立ちます。大手製薬会社や医療系の財団法人、大手医療専門出版社や大手外資系製薬メーカーなどなど、薬剤師+英語力を求める求人が増えています。

病院薬剤師にとっても英語力はこれからの時代不可欠になるでしょう。英語力があれば、必要な文献や医学書を読むこともできますし、海外の情報を得ることもできるようになります。病院薬剤師だけでなく、すべての薬剤師に英語力が必要だと言えます。しっかりとした英語力があれば、医師のサポートもできますし、英語の医学書からも知識を得ておけば、処方箋にミスがあった場合もそれに気づくことができます。

これからは日本もますますグローバル化が進み、日常的に英語が必要とされる場面も増えてくることでしょう。それにともない、薬剤師にも英語力が求められることは必須です。英語が出来れば転職の際にも大きな強みとしてアピールできて、有利になると思われます。

"薬剤師のための実践英会話"というシリーズ本や、"病院での英会話""病院で使うやさしい外国語会話集英語"などといった英会話サイトも色々ありますので、現役薬剤師の方はこういったものを利用して、実践的な英語力を身につけておくといいかも知れません。

英語が活かせる病院薬剤師の求人ならココで検索!!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト