『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師の今後はどうなる!?

→人気転職サイトランキングはコチラ

医薬分業の影響とチーム医療の必要性から、病院薬剤師が今後担う仕事の内容や質は、さらに高度に、さらに専門的になっていくものと予想されます。病院薬剤師の仕事は単に薬の調合や管理だけにとどまらず、病棟業務の比率もあがっていくことでしょう。臨床で医師が薬物治療をする場合に患者さんの状態や薬の効き方などをよく観察し、どのような薬をどう使ったらより効果が期待できるか、などの専門的な意見を医師にアドバイスしたり、直接患者さんと向き合って、服薬指導や経過観察などを行う機会も増えてくると思われます。今後の病院薬剤師には、 高いコミュニケーション能力と専門的で高度な知識が要求されるようになることは容易に想像がつきます。また、リスク管理なども病院薬剤師の今後の仕事として期待されています。さらには新しい薬の情報を常に検索、収集し、文献や製薬会社の担当者からの情報収集を積極的に行い、その情報を整理して、正確な最新の情報を医師に伝える仕事、看護師や看護スタッフとの綿密な打ち合わせやスムーズな連携プレイなども求められてくることでしょう。

こうした流れの中で、病院薬剤師の業務の分業化ということも、必然的に起こってくるかも知れません。つまり高い専門的な知識やコミュニケーションスキルをもつ薬剤師は病棟業務に、経験の少ない薬剤師や調剤の知識や経験が豊富な薬剤師は一日中調剤業務に、薬品の管理は管理スキルが高く、いつでもすぐに対応できる薬剤師が担当する、などというような大病院も増えてくるかも知れません。また小さな病院ではすぐに薬剤師の人数を増やすことができないために、これまでよりも仕事の内容が増えてくる可能性もあり、また学ばなければならない専門知識も多くなってくることは間違いないでしょう。

病院薬剤師の求人はここ数年の動きを見ても一定の水準で推移しています。新しく人員を増やす病院は少なく、欠員が出た場合にそれを補充するという形が多いことから、求人の数が今後増えることは予想されません。現在は需要と供給のバランスが崩れている上に、より高度な専門医療に対応できる病院薬剤師が求められており、6年生薬剤師の求人はあってもそれ以外からの転職は厳しい状況が続くと思われます。

病院薬剤師の今後の病院内での役割は、ますます責任が重く、重要になっていくことが予想されます。それに答えられるだけの知識やスキルを磨き続けることが求められますが、それだけに大変やりがいのある仕事ということができるでしょう。

病院薬剤師への転職を希望する場合、自分だけで転職先を探し、転職活動をしてもなかなか希望する結果を手に入れることは難しいと言わざるを得ません。各地の病院とも強いコネクションを持ち、情報量も膨大な転職サイトに登録し、コーディネーターのアドバイスを受けながら希望にあった転職先探しをするというのが、一番効率的で確実な方法といえるかも知れません。

今が病院薬剤師になるチャンス!人気の転職サイトをご紹介!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト