『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師の内定を取るコツについて

→人気転職サイトランキングはコチラ

病院薬剤師の職に応募したら、できるだけ早く内定をもらいたいと思いますよね。しかし一口に薬剤師と言っても、皆が皆同じ仕事をしているわけではありません。総合病院や大学病院などの大きなところでは、調剤や製剤のほかに、注射薬の配合を行なったり、治験を行なったり、薬剤の管理や指導業務を行なったりと、その役割も様々あります。個人病院であれば、そのクリニック独自のやり方に対応できるか、もしあるならば独自の薬剤の調剤を行なう必要があるのかどうかで、役割がかなり異なります。ですから、求人を出している病院と薬剤師の間でミスマッチが起これば、内定獲得までは至らないのです。

そのため、薬剤師としての内定をもらうためには、まず応募先をしっかり選ばなければなりません。病院薬剤師の求人があるとしても、どんな職務内容を行なう予定になっているかを確かめましょう。自分の薬剤師としての経歴や、これからやっていきたいこととマッチする応募先を探すのです。もちろん、以前の職場で行なっていた業務と違う分野にチャレンジできないわけではありません。キャリアチェンジを図ることも可能ですが、仕事内容がかなり変わることもあることを忘れないようにしましょう。これまで行なってきたことと違う仕事で内定をもらうためには、やる気をアピールしたり、自分なりに努力して勉強していることなどを伝えたりする必要があります。履歴書を書く時、面接の時、一般的な当たり障りのない内容になってしまわないよう注意しましょう。

待遇面でどのくらい融通が利くか、病院の出す条件をどのくらい受け入れることができるかも、内定に至るかの重要なポイントです。年収や仕事時間、休日や勤務シフトについて、やはりできるだけ病院側の求めに応じるほうが印象は良いでしょう。薬剤師の求人は比較的多く出されているものですから、自分が働ける時間とマッチする病院に応募するのもひとつの方法です。薬剤師としてやりたいことがあるとしても、ある程度同じような仕事内容であれば、自分の希望を少し抑えて合わせていくのも賢明なことと言えます。

病院薬剤師は、チームとして働く仕事も多くあります。薬学の知識や製剤の経験だけが評価されるわけではありません。大きな病院であれば特にそうですが、他の人とうまくやっていけるかどうかも、採用のための重要な評価規準です。能力だけではなく、良い人格や特質も求められますから、内面も磨いていくことが内定に至るコツだと言えるでしょう。

病院薬剤師の内定をもらうコツを熟知!オススメのエージェント!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト