『病院薬剤師への転職サイト』

病院で働く薬剤師の夜勤について

→人気転職サイトランキングはコチラ

薬剤師は日勤の仕事がほとんどで夜勤なんて行わない…そう思っている人はその仕事に対して少し認識を変える必要があります。確かにドラックストアや民間製薬会社にはそれはありませんが、24時間入院患者や救急患者を受け入れるところ。救急患者を受け入れていなくても入院患者がいれば当然24時間体制の薬剤業務が必要になる場合があります。

救急対応をしている病院や夜間診療受付などを開設している場合は、薬剤業務を交代制で行っています。それに、平日は日勤がいるので夜間常に薬剤業務を行っているわけではありませんが、土日は長期間薬が処方できなくなる…それを防ぐために病院によっては薬剤師を夜勤者として働かせているところがあります。つまり病院によっては薬剤師も夜勤を行うことがあるのです。

薬剤師の夜勤の内容はほとんど緊急処方の調製となります。急患が来たらドクターが処方する薬を調製しなければなりません。それに、薬剤師は夜に二人いるところはまずありません。基本一人で病院内の週末や夜の薬剤業務を一手に引き受けなければなりません。それに、土日は通常処方はほとんどありませんので、土日は交代制で一人が勤務するケースが多いです。

ただし、しっかりと組織された病院では、土日に通常処方を依頼されることはほとんどありません。基本平日に処方されるように残数をカウントしているはずですし、病棟側も薬の残りがないのに土日を迎えることはかなり不安を感じるはずです。そのため、命の危険にさらされるような場合以外は大量の調整を行う仕事はまずありませんので安心してください。また、夜勤の一般的な頻度は月1〜3回とかなり少ないです。医師や看護師と比べて夜勤のニーズは極端に少ないので、回されてつぶされるなんて言うことは起こり得ません。ですが、薬局と病院の決定的な違いは論文を書くかどうかの差だと思います。双方それぞれ論文はかくのですが、薬局では勤務時間中に論文を書く時間を与えられることはありますが、病院勤務ではほとんどそのようなことはありません。

薬剤師の夜勤はほとんど薬剤調製をすることはありませんので、その時間に溜まっていた雑務や論文を書くこともあります。時間をどの程度有効に使うかはもちろん個人の考え方になってきますが、そういった時間を利用して自分のスキルを高めていくことは、効率的な方法であると私は思います。薬剤師の夜の時間は色々なことに使える時間であり、スキルアップの時間としてもつかえるのではないでしょうか。

病院薬剤師の求人ならココで検索!!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト