『病院薬剤師への転職サイト』

沖縄の病院薬剤師の求人募集を探す!

→人気転職サイトランキングはコチラ

沖縄には琉球大学医学部付属病院や地方独立行政法人那覇市立病院をはじめとして、大手の病院から民間の中規模の病院、個人の医師の運営している小規模の町医者まで、さまざまな規模の病院があります。もっとも病院の数が多いのは那覇市ですが、うるま市や名護市、宜野湾市などにも自治体の運営している病院から町医者まで、いろいろなタイプの病院がありますので、自分が住んでいるところの近くにある病院を対象に転職活動を始めてみてもいいでしょう。

病院薬剤師としてこれまでに働いた経験がないというひとは、まずは病院薬剤師がどのような仕事を行っているのかを理解しておくようにしましょう。というのも、ドラッグストアや調剤薬局で働くのとは異なり、病院薬剤師は実に多くのフィールドで活躍する機会があるからです。そのため、自分に向いているフィールドだけでなく、苦手なフィールドがあるかもしれないので、将来のミスマッチを防ぐために事前に把握しておくことをおすすめします。

病院薬剤師として働くことの大きな特徴のひとつが、チーム医療のメンバーとして働くということです。薬剤師がひとりで業務を行うというのではなく、医師や看護師、臨床検査技師など病院で働いているスタッフと協力して業務にあたる機会が少なくありません。チーム医療を提供することで、患者にとってはもっとも負担の少ないやり方で治療を行ってもらえるというメリットがありますし、病院側にとってもより効率的な医療サービスの提供にもつながります。

病院薬剤師は、もちろん調剤業務も行っています。病院に通院している外来患者、入院している患者のために外用薬や内服薬の調剤、市販の医薬品の払い出しに加えて、病院で管理しているすべての医薬品の情報整理や保管業務、患者に対する情報の提供を行います。また、在庫が少なくなった医薬品の購入を行ったり、注射調剤や注射薬無菌調整などの業務も併せて行います。

また、病院ならではの業務として、治験業務や薬物動態解析業務も病院薬剤師の業務に含まれます。病院では製薬会社と協力して新薬の開発を行っており、そのための治験業務を行いながら、中毒や副作用がないかを調べます。これらの症状がみられた際には、薬物測定を行い、薬物血中濃度のモニタリングも実施します。

このように、病院薬剤師として働くフィールドは、実にさまざまなものがあります。それぞれに求められるスキルは異なりますが、医薬品を通じてより良い医療サービスを提供したいという想いは共通しています。

沖縄の求人に強い!人気の薬剤師転職サイトを比較!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト