『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師の問題点とは!?

→人気転職サイトランキングはコチラ

薬剤師を目指す薬学生や転職を希望する薬剤師の中でも、就職先としての希望が多いのが病院薬剤師です。調剤薬局での仕事に比べると、業務内容も多岐にわたり、より専門職としての存在意義も高いことから、やりがいを求める薬剤師や学生にとっては、魅力的な職場といえるでしょう。

そんな病院薬剤師の問題点として真っ先にあげられるのが、求人数の減少だと思います。 医薬分業が進んでいる現代、自分の病院で薬剤師を抱える病院が減ってきています。 薬は処方箋だけを出して、院外の調剤薬局で処方されることが普通になってきています。ですから、病院薬剤師の勤務先は入院患者のいる病院や、院内で調剤を行っている総合病院などの大きな病院だけに限られてしまいます。さらに医療の現場でも人件費の削減は大きな課題となっており、十分な人数の病院薬剤師を配置できない病院が数多くある、という問題点もあります。

つまり、病院薬剤師を希望する薬剤師はたくさんいるのに、病院では常に人手不足という、アンバランスな状況が続いているのです。薬剤師一人ひとりにかかる負担は大きく、責任も重大です。その中でも特に大きな問題点が夜勤に関することです。病院薬剤師には夜勤をしなければならない場合も多いのですが、その際は一人ですべてのことに対応しなければなりません。責任感もプレッシャーも大変大きく、それを重圧に感じる人も多いようです。入院患者に緊急の事態が起きたときや、緊急の患者が搬送された場合など、自分ひとりで担当しなければならない、ということに対する不安感も大きいと言います。 また、育児と仕事の両立を目指す女性薬剤師には、夜勤がネックとなることも問題点となっています。

最近では病院薬剤師の仕事の重要性が高まっていることから、人員を増やしている病院も徐々に出てきていますが、現状ではまだまだ十分とはいえないのが事実です。そんな中で、転職を希望する現役の薬剤師にとってさらに大きな問題となるのがチーム医療の導入による専門的知識を持った病院薬剤師の必要性が重視され始めていることです。今後は6年生薬剤師が有利になることは、現実問題として受け止めなければならないことでしょう。

それでも、さまざまな病院で、欠員がでるたびに新しい人材の募集は行われます。 そのような情報は個人で探しているとなかなか見つかりませんし、実際には非公開で求人を行う病院も多いのです。もし本気で病院薬剤師への転職を希望しているのなら、しっかりとした実績のある転職サイトに登録することが一番の近道かも知れません。豊富な情報を持つカウンセラーがきめ細かく転職のアドバイスや情報提供をしてくれますので、安心して転職活動を行うことができます。

これから病院薬剤師への転職はますます狭き門になることも予想されますが、そんな時代でもあきらめずに的確な転職活動を行えば、きっと希望する結果を手にいれることができますよ。

病院薬剤師への転職サイト比較!転職サイト人気ランキング!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト