『病院薬剤師への転職サイト』

研究職の病院薬剤師について

→人気転職サイトランキングはコチラ

研究職として就職する薬剤師は、それほど多くありません。病院薬剤師の中でも人気の職種であり、競争相手が多い分狭き門となっています。新卒でランクの高い大学出身でなければ難しいという噂もあるようです。ただ実際には、病院薬剤師の求人がないわけではありません。他の仕事を行なう薬剤師よりも採用率は低くなりますが、上手に自分をアピールすれば就職・転職も可能です。

研究職の薬剤師と言えば、製薬メーカーで働く人もいます。その場合はもちろん、新薬の開発に携わるケースがほとんどでしょう。では病院薬剤師の研究職はどうでしょうか。やはり同じような開発の仕事があるものですが、どちらかというと研究内容の選択肢が多いようです。つまり製薬メーカーで働く場合にはどうしても利益優先の研究が行なわれる傾向があり、費やすことができる経費や人件費も限られています。民間の製薬メーカーも高い志を持っているものですが、やはり赤字になり続けても研究を続けられるケースは少ないのです。

しかし大学病院などの研究職であれば、ある程度利益がない状態が続いても、研究を継続できる可能性が高くなります。数年先、数十年先の大きな目標に向かってがんばりたい薬剤師にとっては、働きやすい環境であると言えるでしょう。

研究開発職の病院薬剤師は、他の職種の薬剤師と比べて給料は低めです。直接利益になるような仕事ではないことが多く、調剤薬局やドラッグストア、管理薬剤師などのほうが給料が高くなるものです。一般的にはそうですが、もちろん研究職に大きく投資している病院もありますので、成果が見込める、もしくは病院として力を入れている分野の研究に携わり結果を出すなら、報酬アップも見込むことができます。

研究職の病院薬剤師は、都市部で多く募集があります。しかし地方でも求人がないわけではありません。どちらかというと、競争率の高い都市部で応募するよりも、地方の県庁所在地の病院から出される求人に応募するほうが、採用率は少し高くなるようです。病院ごとに研究に力を入れるジャンルが違いますから、自分が携わりたい分野の研究開発をしている病院を探し、思い切って地方で就職するという選択肢もあるでしょう。薬剤師としてモチベーションを保つためには、何より自分の目的意識をはっきりさせておくことが重要です。すぐに結果に繋がらなくても、継続してがんばっていけるだけの動機を固めて、働く場所を探しましょう。

病院薬剤師の求人ならココで検索!!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト