『病院薬剤師への転職サイト』

病院に応募する際の薬剤師の履歴書の書き方!

→人気転職サイトランキングはコチラ

看護師ではその病院の特徴としてポイントを抑えて志望動機をかけるかもしれませんし、多くの経験を積んだ看護師なら履歴書を作成するのにそれほど悩むことはないでしょう。ですが、薬剤師の履歴書…特に病院となると履歴書に何を書いてよいかわからなくなる人がいます。民間やドラックストア関連の民間企業では、経営面をある程度見据えることがポイントなるといわれていますが、病院の薬剤師となると営業的な能力ではなく、ミスをできる限り少なくする以外にそれほどインパクトのある言葉が思い浮かばないことでしょう。

病院の求人に提出する書き方としては、一発逆転や常識を逸脱した言葉を使わないことです。職種によっては、そういった積極性が求められることも多いですが、病院として薬剤師を求めている場合、そのほとんどは堅実に業務をこなしてくれる人です。薬剤業務は、ほとんどは完成しており、新しい改革ではなく今与えられた仕事を淡々とこなしてくれる人材が求められます。まじめでコツコツタイプ…言ってしまえばそういうことなのです。つい採用されたいとリスクをとって大胆にアピールする人もいるようですが、正直あまりそのアピールは必要ありません。また、薬剤師だからといって特別な履歴書の書き方があるわけではありません。基本に帰った書き方であるだけで十分です。

基本は記載内容にミスがないよう、それを指摘されないように心がけることです。それにミスがあると、その箇所が気になって本題から外れてしまうことがあります。面接担当者は採用を決定する際に基本その上や理事長、病院長に確認を取ります。ちゃんと人事に取り組んでいるところなら、見て説明するのですが、ミスがあるような履歴書では人事担当者がアピールできないのです。面接時の会話も脱線してしまうので、ミスがないことが前提になります。

最近では手書きとパソコン、双方を認めている病院もありますが、印象の良さはやはり手書きです。誠実に、丁寧に書いてある履歴書ほど、その人柄を見ることができるため、採用側も安心するそうです。パソコンでは、履歴書全体ではなく、つい内容を追求されてしまいがちで、それに答えられないと悪い印象を与えます。薬剤師は特に、丁寧な文字であること、しっかり集中して意欲を持って書かれていることが、仕事の質に直結することから、十分意識して作成したいものです。もちろん、修正箇所を修正液で消しているなどは問題外です。

就活にお困りならこのエージェント!コンサルタント在籍だから心強い!!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト