『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師の給与相場はどれくらい!?

→人気転職サイトランキングはコチラ

薬剤師として転職を考えるときに、収入面でのメリットも大きな選択要素の一つになると思います。病院薬剤師の平均給与の額は、25万円程度が一般的とされています。薬剤師の平均給与がおよそ37万円と言われていますので、これに比べるとやはり病院薬剤師の給与は比較的低めということが言えるようです。年収ベースで比較してみても、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師と比べると、病院薬剤師は昇給の幅が狭いようで、例えばドラッグストアに勤務する薬剤師では、最高額で700万円以上の年収を得ている方もいるのに比べ、病院薬剤師の年収は400万円から650万円程度となっています。これは一般企業の平均年収と大きな差はなく、専門職である薬剤師も、それほど高額の給与を得ているとは言いがたい現実もあります。

病院薬剤師の平均年収は500万円と言われますが、勤務する病院によっても、大きく違いがあります。国立病院や市立病院などの公務員給与に準ずる給与体系の病院であれば、年収はかなり高くなりますし、僻地の病院などでも、高額の給与を支給している場合が多いようです。しかし、規模の大きな総合病院や大学病院だからと言って、必ずしも給与が高いという訳でもありません。手取り給与の額だけを選択基準とするのであれば、病院薬剤師よりも調剤薬局やドラッグストアでの勤務の方が、希望に近い額を得ることができる可能性は高いと言えそうです。

しかし、病院薬剤師の強みは経験です。長く勤務することで、薬剤師としてのさまざまな経験を積むことができます。 当然スキルアップもできるでしょう。さらには安定性ということも考慮に入れると、キャリアアップのための病院薬剤師への転職は、将来的にも不安のない職場を望む人には最適と言えるかも知れません。

また、初年度の年収にはさほどの開きがなくても、キャリアを重ねることで徐々に年収の差が生まれるのも薬剤師の特徴です。病院薬剤師の平均給与は、他の勤務先に比べて昇給の幅が広くはないようですが、ピークに到達するのが比較的早く、しかもその期間が長く続きます。ですから、生涯賃金という視点で考えてみると、他の職場に比べても、充分にメリットはあると考えられます。

スペシャリストとして専門知識やスキルを充分に生かしながら、チーム医療のメンバーの一員として働く、やりがいのある仕事を目指している方にとって、病院薬剤師への転職は、大きなチャンスになるかも知れません。

職場環境や労働時間、福利厚生、そして年収など、自分の希望する転職の条件が定まったら、看護師の転職を応援している転職支援サイトに登録してみてはいかがでしょう。思ってもいなかった良い転職先が見つかる可能性もありますよ。

給与・年収が低いとお悩みの方はぜひ転職サイトへの相談をお勧めします!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト