『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師におけるチーム医療とは!?

→人気転職サイトランキングはコチラ

近年、医療業界では医薬分業が進んでいるために、薬剤師の仕事に関しても以前と比べると変化が顕著に現れるようになってきました。病院薬剤師の仕事は、これまでの調剤業務中心から、入院患者のトータルケアの一端を担う形へと変わってきています。入院患者のカルテを読み、実際に患者の状態を見ながら、調剤や服薬指導などを行なっていきます。病院薬剤師は、医師や看護師などとのチーム医療の一員であるという認識を持つことが求められる仕事へと変化してきています。

チーム医療とは、一人一人の患者さんに対して、医師、看護師、薬剤師などの専門職が集まり、それぞれの専門分野を生かして連携しながら、チームとして治療を進めていくことです。医療の高度化が進み治療が多様化している現在、質の高い医療を実現するためには、専門職同士の分担や連携、相互支援をもとに治療の方針を決めるというあり方は、今後スタンダードとなっていくと考えられます。

このような流れの中で、病院薬剤師とチーム医療との関わりが大変重要視されるようになり、6年制の薬剤師教育や、6ヶ月の長期実務実習なども導入されてきました。同時に日本医療薬学会が認定する「がん専門薬剤師」「学会認定薬剤師」や、日本病院薬剤師会が認定する「専門薬剤師」「認定薬剤師」などの資格も増えています。これらは薬剤師の資質向上を目的とし、専門領域に習熟した病院薬剤師を養成するために制度化されたもので、感染制御、妊婦、授乳婦、精神科、HIVといった専門の知識を持つ薬剤師が今後増えていくことが予想されます。

どんどん医療が高度化していく中で、薬物治療も専門化、細分化していくことになると、優秀な病院薬剤師の存在は、ますます重要になっていくことでしょう。 患者さん個人個人の状態を良く見極め、適切で正確な投薬と服薬指導ができる病棟業務のできる病院薬剤師は、チーム医療の質の向上を目指すこれからの病院には無くてはならない存在になると考えられます。

患者さんの体質やアレルギー、病歴、服薬状況などを確実に把握し、情報化し、チームに提供することで、より確実な薬物療法が行えます。薬に関する知識、情報を収集して整理し、いつでも対応できるようにしておくことや、確実に製剤できる能力、正確な注射薬の調合などはもちろん、医薬品の管理や、薬に関する相談への助言など、病院薬剤師の業務はますます多岐に渡っていくでしょう。よりよい医療を提供するチームの一員としての強い自覚を持ち、責任を持って職務を全うできる人材が求められていくことは間違いありません。

病院薬剤師への転職サイト比較!転職サイト人気ランキング!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト