『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師の福利厚生

→人気転職サイトランキングはコチラ

病院薬剤師には、正社員として勤務する雇用形態もあれば、パートなどの非常勤雇用で働く薬剤師もいます。福利厚生は、正社員と非常勤とでは全く異なるので、同じ病院勤務でも、正社員かパートなのかをきちんとチェックしてから求人募集に応募するようにしましょう。

例えば、正社員として病院薬剤師で働く場合には、有休やボーナスなどは、その病院の規定に基づいて支払われます。給料も、基本給として設定されている上に、薬剤師という国家資格を持っていることに対する資格手当、通勤手当や住宅手当、食事手当などの各種手当がつきますし、残業をすれば、病院の規定に基づいて残業手当も付きます。つまり、正社員として病院薬剤師になると、充実した福利厚生も同時についてくることになります。ただし、パート勤務と比べると、1時間当たりの時給は低めになることが多いようです。

パートとして病院薬剤師の仕事をした場合には、1時間当たりの時給がかなり高めに設定されています。一般事務などの仕事と比べると時給はかなり優遇されていますし、正社員として病院勤務している薬剤師の基本給と比べても、パートという非常勤雇用のほうが、時給という面では高いことが多いようです。パートの場合には、時給×勤務時間=給料、と給料計算がいたってシンプルになっているものです。食事手当や資格手当、住宅手当や家族手当などの各種手当は尽きません。また、パート勤務では年に1回か2回のボーナスがつかないので、手取りもすべて含めた年収で計算すると、正社員として働いたほうが、年収は高くなることもあるようです。健康保険や厚生年金などの福利厚生なども含めると、正社員のほうが「目に見えない給料」は多いと言えるでしょう。

病院勤務というと、夜勤や残業が多いというイメージが強いですが、薬剤師の場合には夜勤はほとんどありません。入院している患者さんは祝日や週末にもいるので、週末勤務や祝日勤務などは交代で行うようですが、看護師や医師のように、夜勤や日勤で生活のリズムがバラバラになってしまう、というケースは少ないようです。

福利厚生で職場を選びたいという場合には、たくさんの病院に精通しているエージェントが転職をサポートしてくれる求人サイトなどを利用する方法もおすすめです。薬剤師を対象にした転職サイトなどもありますし、薬剤師の転職や職場を知り尽くしたプロのエージェントが求人情報には載っていない情報なども教えてくれます。入念なリサーチで転職先を決めることができれば、満足度の高い仕事を探し当てることができるはずなのです。

今が病院薬剤師になるチャンス!人気の転職サイトをご紹介!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト