『病院薬剤師への転職サイト』

病院薬剤師の仕事はどんなことをやるのか!?

→人気転職サイトランキングはコチラ

病院薬剤師の仕事は多岐に渡り、単なる調剤業務だけでなく、医薬品情報業務や薬品管理業務、製剤業務、治験業務、院内感染の防止など、 病院内の医薬品に関わるありとあらゆる業務が薬剤師の担当とされています。

調剤業務では、医師から渡された処方箋の記載内容を確認し、薬の飲み合わせや副作用、量、飲み方などのチェックを行った上で、患者さん一人一人に適した形で薬の調剤をします。総合病院の場合、複数の診療科にかかっている患者さんも多く、それらの薬物療法の一元管理を行うことで、飲み合わせによるミスを未然に防止します。さらに必要に応じて病院独自の製剤も行います。製剤業務は、特殊な機材を用いて行われるため、専門知識や経験が必要とされる仕事です。注射薬の調剤では、投与量や経路、速度、期間など処方箋をチェックし、無菌室で業務を行います。また、患者さんの体内の薬の動きを監視して、最も安全で効果的な処方を医師と協力しながら設計するのも病院薬剤師の仕事です。

調剤や製剤のあとは、患者さんへの服薬指導も併せて行います。正しい薬の使い方、効果効能や注意点などをわかりやすく説明し、患者からの質問や相談にも丁寧に応じる必要があるため、コミュニケーション能力も求められるでしょう。

病院内で使用される大量の医薬品の管理も病院薬剤師の大切な仕事です。購入・保管・供給・品質管理など、一貫した管理が薬剤師によって行われます。パソコンを使ってのデータ管理や、保管庫での確認作業なども薬剤師が直接行います。

病院薬剤師のもうひとつの重要な仕事が医薬品の情報業務です。薬剤師は医薬品のスペシャリストとして、常に新しい薬の情報を収集して、その知識や最新情報を的確に医師や看護師に提供していかなければなりません。新しく発売された薬の副作用や効果など、多くの文献を調べたり、製薬会社の担当者からの情報を得るなどして、薬が適正に使われるように力を注ぐことが大切です。

病院薬剤師には、治験業務を任される場合もあります。製薬会社と協力して、新しい薬を開発するこの仕事は、薬剤師ならではの知識や経験が大いに生かせる仕事と言えるでしょう。

このように、病院薬剤師には、他の調剤薬局やドラッグストアなどにはない責任の重い仕事が多く課せられます。しかし、これからの高度な医療には、それを支える薬剤師の力は無くてはならない重要なものとなります。職務に対する強い責任感と探究心、患者さんの心と体を思いやることのできる人間性が必要とされる、薬剤師としてはとてもやりがいのある職場環境なのではないでしょうか。

病院薬剤師への転職ならこの転職サイトがオススメ!

薬キャリ

年間7200人以上もの転職相談があり、選任コンサルタントへの満足度も97%と高水準です。

地域事の情報を事前に徹底リサーチ。転職後の満足度も93.6%と高い水準を誇ります。

非公開求人は業界最大級の8000件以上保有!最短2日のスピード入職も大きな人気の理由!

平均1〜2週間で理想の職場が見つかるスピーディさと、入職後も安心の万全サポート!

薬キャリ申込み

リクナビ薬剤師

業界最大手の転職支援エージェント"リクルート"が運営する「リクナビ薬剤師」は信頼度1!

保有求人数は業界トップクラス。リクルートでしか見つからない求人も多数あります。

薬剤師専任キャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則で、万全のサポート体制が実現。

登録翌日には、平均5件もの求人情報を提供。最短3日のスピード転職も!

希望通りの転職先を探すならやっぱりリクルート。まずは無料登録からどうぞ。

リクナビ薬剤師申込み

マイナビ薬剤師

利用者満足度がトップクラスの94.6%を誇る圧倒的なネットワークが魅力。

もちろん好条件の非公開求人も豊富。無料登録ですぐに色々な案件を探せます。

現場の声をしっかりキャッチした上で登録者の希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

無料登録はとっても簡単。専用サイトからのお申し込みで、たったの1分で完了です。

利用したい薬剤師転職サービス1!厚生労働省から許可を得ているから安心感も抜群です。

マイナビ薬剤師申込み

© 2017 病院薬剤師への転職サイト